腰の痛み

腰部痛

腰痛の中で最も多いのが腰痛症です。

痛みが弱かったり、強くなったりを繰り返す「慢性腰痛症」

一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれる「急性腰痛症」があります。

原因として日常生活での不良姿勢による腰部筋の疲労や、腰椎周囲の筋力が弱く、適切な姿勢が保持できなかったり、腰椎周辺に過度の負担がかかる事が原因と言われています。

腰椎分離症・腰椎すべり症

腰部、臀部、大腿部に痛み、しびれが出ることがあります。

腰を反るような動きを行うと痛みが出て、運動を行うと症状が悪化しやすい。

腰椎分離症

腰椎分離症は疲労骨折の一種で、背骨の一部分に亀裂が入っている状態をいいます。

小学校高学年~高校生までに多く見られ、その中でも激しいスポーツを行う子に多く発症する症状で、外力が加わり骨折に至るというよりも「気づけばなっていた」という方が多いようです。

腰椎すべり症

腰椎滑り症は、椎骨が前側に滑るように移動している状態です。

分離症から起るタイプと分離症を伴わないタイプとあります。

背部から触診すると一部だけ凹だように感じられ、第5腰椎に多くみられます。

背骨は本来、生理的彎曲と呼ばれるS字の形をしていて、腰部は前彎していて、前方にカーブをしているのですが、このカーブが本来よりきつく反っているような姿勢の方によくみうけられます。

坐骨神経痛

坐骨神経に沿って痛みやしびれ、運動障害、健反射の欠如などもひきおこし、圧迫している箇所によってアキレス腱反射や膝蓋腱反射などに影響を及ぼす事があります。

坐骨神経痛は特定の疾患を指す病名ではありません。坐骨神経がどこかで神経を圧迫されて起る症状を言います。

坐骨神経は腰椎4,5番目の神経と仙骨の前面から出て梨状筋の下を通り、大腿部後面中央を下行、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ足裏まで至る人体の中で最も長い末梢神経です。

太さも鉛筆ほど太い部分もあり最も太い末梢神経でもあります。

これだけ太く、長い神経である為、障害を受ける場所も様々で、障害を受ける場所により痛みやしびれの出る場所も異なってきます。

原因は若い人の場合多いのは、「腰椎椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」、高齢者の場合「変形性腰椎症」「腰部脊柱狭窄症」などの変形疾患が挙げられています。

梨状筋症候群

梨状筋は骨盤の中心にある仙骨と大腿骨の大転子をつなぐ筋でお尻を横切るように付いている筋肉です

梨状筋が異常な緊張状態になると梨状筋部で坐骨神経が圧迫をうけ坐骨神経痛を起こしやすくなり座った姿勢が長いと徐々にしびれが強くなり座る事ができなくなることがあります。

原因としては「骨盤の歪み」「長時間の座った姿勢」「股関節疾患」「悪いフォームでの走行」「腰痛の放置」などがあります。

その他の症状

すこやか整骨院からのお知らせ

2017/08/10
城東区の美容室
2017/08/02
お盆休み
2017/07/31
夏休みシーズン
2017/07/26
夏の行楽~水辺で涼しい夏休み~
2017/07/13
メロンパンの新しい食べ方

「すこやか整骨院」のご案内

詳しいご案内は、こちら

「すこやか整骨院」のご案内
[住所]
大阪府大阪市城東区関目3-12-29

地図・アクセス

[電話番号]
06-6930-5999

予約の患者様を優先させていただきます。

直前予約も可能ですので、お気軽にご連絡ください。

[受付時間]
平日:9:00~13:00、16:00~20:00
土曜:8:30~13:00
[定休日]
日曜、祝日、第1水曜午後
※年末年始など臨時にお休みさせていただくことがあります。
[治療内容]
矯正治療、零式整体、筋徒手治療
QRコード

ケータイからもご覧いただけます。

左のバーコードを読み取るか下記URLからアクセスしてください。

http://sukoyaka-seikotsu.com/

  • 大阪市城東区今福東の矯正・整体・針灸治療「いまふく鍼灸整骨院」

ページトップに戻る


ご予約・ご相談は06-6930-5999
インターネット予約