頭痛

頭痛は日常でごくありふれた症状で、外来初診患者の約10%が頭痛を主訴とするとまでいわれている。

日本人の3~4人に1人(約3000万人)が「頭痛持ち」である。

そのうち2200万人が緊張性頭痛、840万人が片頭痛、1万人が群発頭痛といわれる。

クモ膜下出血・脳腫瘍による頭痛は、毎年約1万人~3万人に発生する。

日常生活に支障ある頭痛を、世界中で40%以上の人が経験する。

男性よりも女性のほうが頭痛の症状を訴えることが多いといわれておいる。

緊張型頭痛

まず、頭痛の中で70パーセントを占めると言われているのが「緊張型頭痛」といわれるものです。

その主な原因としましては、悪い姿勢、疲れ目、高すぎる枕、運動不足、ストレスなどがあります。

つまり、一日中パソコンに向かう仕事の方に多く起こります。

頭頸部を覆う筋肉が過緊張により、頭部を固まった筋肉がしめつけることで、周囲の神経が刺激され痛みが惹き起こされます。

片頭痛

続いて多いのが「片頭痛(偏頭痛)」です。

何らかの理由により脳の血管が急激に拡張して起こります。

脳の血管の拡張により、周囲の三叉神経が刺激され、それにより発生する炎症物質がさらに血管を拡張させます。

頭の片側または両側の脈打つような痛みが特徴的です。

心身がストレスから解放された時に血管が拡張することがあり、休日などに起こりやすいとされています。

その他、寝過ぎ、寝不足、ホルモンの変動空腹、疲労、なども誘因とされています。

群発頭痛

続いて、約1%ですが「群発頭痛」というものがあります。

「片頭痛」と同様に発作的に起こります。

数年に一回くらいの頻度ですが、一度起こると1~2ヶ月に渡りほぼ毎日同時刻に激しい頭痛に襲われます。

うずくまってしまう位激烈な痛みの場合もあります。

目の奥の強烈な痛みや、同側の目や鼻に、涙や鼻水鼻詰まりなどの症状が伴うこともあります。

頭痛を伴う注意すべき疾患

軽く捉えてしまいがちな頭痛ですが、頭痛が原因となる病気のうち、特に危険なものもあるので知っておくことも重要です。

少しでも当てはまるなと思われたら専門医を受診されることをお勧めします。

くも膜下出血

突然の激烈な頭痛により発症します。

吐き気や嘔吐を伴うとされています。

脳出血

意識障害、手足のしびれ、呂律が回らないといった症状を伴い、頭痛は徐々に強くなるとされています。

脳腫瘍

頭痛に伴い、嘔吐、痙攣、手足の麻痺、言語障害、視力の低下といった症状があらわれるとされています。

髄膜炎、脳炎

高熱と共に首の後ろの緊張、嘔吐がみられます。

意識障害や痙攣が起こる場合もあるとされています。

慢性硬膜下血腫

ご年配の方に多いですが、若年でも起こりえます。

頭部外傷をきっかけに起こることもあります。

ボケ症状や麻痺を伴うこともあります。

日本人の四人に一人は頭痛に悩まされているといわれています。

ほとんどが生活習慣や生活環境、心因的要素が原因と言われており、 九割は生命に別条がないものとされています。

大事なのは自分の頭痛の原因を明らかにし、日常生活を見直す努力をする事です。 頭痛を「体質だから」と諦めている方もいますが、生活改善や適切な治療によって、頭痛の悩みを解消し、快適な毎日を取り戻すことができます。

「すこやか整骨院」のご案内

詳しいご案内は、こちら

「すこやか整骨院」のご案内
[住所]
大阪府大阪市城東区関目3-12-29

地図・アクセス

[電話番号]
06-6930-5999

予約の患者様を優先させていただきます。

直前予約も可能ですので、お気軽にご連絡ください。

[受付時間]
平日:9:00~13:00、16:00~20:00
土曜:8:30~13:00
[定休日]
日曜、祝日、第1水曜午後
※年末年始など臨時にお休みさせていただくことがあります。
[治療内容]
矯正治療、零式整体、筋徒手治療
QRコード

ケータイからもご覧いただけます。

左のバーコードを読み取るか下記URLからアクセスしてください。

http://sukoyaka-seikotsu.com/

  • 大阪市城東区今福東の矯正・整体・針灸治療「いまふく鍼灸整骨院」

ページトップに戻る


ご予約・ご相談は06-6930-5999
インターネット予約